月別アーカイブ: 2018年11月

突然お金が必要になった時の対処法

キャッシングはATMからでも申し込みができます。ちょっとコンビニエンスストアによるついでに融資の申し込みや借り入れをする事が出来てるので大変利用しやすくなっています。キャッシングが利用しやすい反面、借金をしているのだということが薄れがちになるかも知れません。とはいっても、しっかりと考えて利用するようにすれば突然お金が必要になってしまっても、無理なく生活することができますね。必要な時に必要な金額だけ借り入れるなら、銀行系キャッシングサービスが最適でしょう。みんながご存知のような大手の銀行系キャッシングなら、金利も安い場合が多いので、不安にならず利用できるでしょう。銀行系のような審査が厳しい業者では利用するのが難しい場合には、より認知度の高いキャッシング業者を使うとよいでしょう。利用する前に評判を調べるのも欠くことができません。たくさんあるキャッシングの業者には、即日で貸付をしてくれる業者もあります。【詳しくはこちら】即日に融資をしてくれると、急な出費であすにはお金が足りなくなる時にも便利ですね。とはいったものの、申込みの時間帯と申込みの方法によっては、その日のうちにすぐお金を借りられないということもありえます。加えて、審査の結果がだめだった場合、お金を借りられませんから、注意するようにしましょう。利用できるって知っていましたか?主婦でもキャッシング使えるんです。正社員でなくパートをしている場合でも、一定の給与収入があるのなら、問題なく、キャッシングが利用できるんです。「私には収入がないわ」という専業主婦のあなたでも、あなたのだんな様の収入が証明することができればキャッシングOKになることもあります。気を付けないといけないのは、同意書など提出必須な場合もよくあります。キャッシングをWEB完結で済ませられることを知っていますか?どのキャッシング業者も手続きをネットのみをとおして終わらせられるとは言い切れないのですが、よく知られているところであればまず対応しています。部屋でくつろぎながらお金が借りられるとは、効率がよくなりますね。お金の借り入れや返済を短時間ですぐにできるので、急を要するときなどぜひ使ってみましょう。キャッシングを使う場合は、よくよく返す日を守りましょう。約束を破ってしまうと、払うべき額の他に遅延損害金を払わされる羽目に陥ります。金融業者の取りたてを甘くみると、法的に白黒はっきり指せられるでしょう。つい返しそびれたら、すぐにお金を用意しようと思っていると言い、すぐにでもアクションを起こしましょう。カードローンとはクレジットカード会社や銀行、消費者金融といったところから融資をしてもらうことです。保証金は必要がなく、返済方法の選択肢が多くあり利便性が高いので、役たてている人は増えています。用途を問わずに貸してくれますので、急遽の支払いで手持ちが足りない時には助けられます。このごろよく聴くのは、スマホ以外は使わなくていいという、キャッシングシステムが進化を遂げています。申し込みの手続きもスマホで、本人確認は写真の送信でOKで、ひととおりの審査のあと、振り込みは自分の口座にしてくれます。会社によってはアプリがあり、本当なら面倒なはずの手続きが短時間で完了できます。

古本の販売に必要なお金と電気代

興味本位で古物商の免許を取得してからというもの、この世界にすっかりハマってしまいました。

取り扱っている商品は書籍なので、安全に在庫管理できる場所の確保が不可欠です。

家賃1万5千円のアパートの大家に事情を話し、商用で使わせてもらう許可を得ています。

多数の本棚を搬入し、その中に在庫となる古本を収納していくというわけです。

本の天敵は湿気なので、除湿機を24時間体制で稼動させています。
そのせいで、毎月9千円の電気代が必要です。

順調に売上を上げられていたのは、開業してから半年ぐらいの間でした。
対面販売ではなく、ネットからの注文を受けて発送するのですが、ちょうどネット通販が書籍に力を入れ始めた時期と重なり、徐々に売上高が減少の一途を辿ったのです。

古本の販売に必要なお金は、毎月3万5千円ほどです。
プロバイダ料金や本の梱包道具なども含まれます。
事業コストが安いように思われるかもしれませんが、古本は高く売れないので、ギリギリ黒字をキープするだけで精一杯です。

ついに赤字に転じてしまったことがあり、このときは私自身が大病で、多額の医療費を支払ったときでもありました。

どうしても家賃が支払えず、大家に泣きついた結果として、次はないと言われてしまいます。

それに、電気代も支払えませんでした。
もし、このまま家賃は払えても電気代が足らない場合、どうなってしまうんでしょうか。
調べたところ、支払日から約50日ぐらいは遅れても止まらないみたいです。
そして、止められる数日前に、送電停止予告書が自宅に届きます(最終通告書)。
この通知書が届くと残り5日前後で止められてしまうそうです。
詳しく知りたい方はコチラ⇒電気代足らない

それで、もう同じ失敗が許されない状況に陥った私は、事業用に使う予備のパソコンを売り払って、6日遅れで家賃を支払いました。

すぐに家賃を支払う必要があるけれども、お金がないときが再び訪れてしまい、このときには注文がひっきりなしに入ってきました。

ところが、注文を受けた本がどれも在庫切れの状態です。
該当する本を、知人が保有していることを知っていた私は、掛けで買い取ることを考えました。
知人が承諾してくれたので、買掛金が膨らんだ代わりに、注文のキャンセルに至らず資金のショートを防げたのです。
ギリギリのところで家賃の工面が完了し、何とか買掛金の消し込みも行えました。

すぐにお金が必要なときには、経済的に余裕がないと本当に困ります。